バナー

脱毛後の紫外線対策は必須

脱毛後は肌のバリア機能がいつもよりも弱まったり見えない位の小さな傷がたくさんついていることもありますので、外的刺激に対して敏感になります。
外的刺激の中でもっとも影響が多いと思われるのが紫外線であり、肌のコンディションが良い状態の時でも長時間浴びるとリスクがとても大きくなります。



脱毛後は、紫外線対策を万全にしないと肌中のメラニン色素が増えてしまいます。
ですから、UVカット機能を持つクリームなどを上手く利用して対策を講じなければなりません。
紫外線にはA波とB波がありますが、どちらにも対策が必要です。

クリームを見てみるとSPF値とPA値が記載されていますが、SPFは数値が高いほど効果も高くなり、PA値はプラスの数が多い方がしっかりと予防できます。


それ以外にも、日傘や帽子などの物理的にカットできる方法で防ぐことも大切です。
両方を取り入れれば、効果的な対策が行えます。また、肌中のメラニンの生成を抑えるためには肌細胞の働きを活発にする必要がありますので、保湿を行って代謝を促すことも有効です。

脱毛後は誰でも多少のダメージを負っていますので、メラニンの生成量が増える傾向にあります。

しかし、保湿を行って代謝を高めることができれば、傷ついた細胞の修復も早く行われますので回復速度が向上します。



このように、脱毛後はダメージを負った肌に負担をかけないように注意する必要があります。



ダメージが蓄積されると肌トラブルにつながります。